本文へ移動

保育園

まごころの保育園

笑顔、元気、愛情がいっぱい
あたたかい 「 ほっと 」 できる保育園
子ども一人ひとりを認め尊重し、保護者から信頼され、地域に愛される保育園をめざします。あたたかい心とやさしい笑顔で、まごころ込めて子どもと接し、家庭的な雰囲気のなかで安心して生活できるよう、一人ひとりの生活リズムを大切にした保育を心がけています。

まごころ保育園の特色

絵本の時間
絵本の読み聞かせは、大人と子どもをつなぐ架け橋であり、子どもにとっての何よりの贈りものであると考えます。毎日できるだけ多く、保育者による読み聞かせを行い「想像力・集中力・感動や思いやりの心」を育んでいきます。
英語であそぼう
この時期の子どもたちは、たくさんの言葉を身に着けます。幼児期から英語を学ぶ楽しさを知り、英語に親しみを持つことを狙いとしています。「Hello!How are you?」を元気よく歌って英語あそびが始まります。
運動あそび
のびのびと遊び、丈夫な体を作ります。築山のある園では、子どもたちが坂を駆け上がったり、冬はソリ遊びをしています。夏は泥んこ遊び・プール遊びなどで体を動かし、楽しさを日々感じられるように活動しています。
食 育
園庭やプランターに野菜を植え、保育者と一緒にお水をあげたり、野菜が育つ様子を観察することで食への興味・関心を高めます。そして、育てた野菜を使った給食やおやつを保育者と一緒に家庭的な雰囲気の中で食べることにより、食の楽しさを学びます。
TOPへ戻る